映画:「燃えよ剣」感想 (2021年10月15日 公開)

旅行と歴史

映画「燃えよ剣」感想

2021年10 月15日、上映開始

感想は、とても面白かった!

バラガキ(茨のようなトゲのある少年)時代から、プレイボーイ、鬼の副長まで、土方歳三という1人の男の人生を。

そして近藤勇・沖田総司と新選組が流れるように描かれていました。

ストーリーについて

この映画はですね、新選組に起こった事件 が概ね 映されている!と思いました。

青マーカーは、私が選んだ ピックアップ☆シーン。笑

ザッと書き出してみる ☟

【新選組 事件簿】

⑴ 大和屋 焼き打ち事件
⑵ 八月十八日の政変
芹沢鴨らの粛清 ☜
⑷ 城升屋事件
⑸ 野口健司 切腹
池田屋事件 ☜
⑺ 明保野亭事件
⑻ 禁門の変
⑼ ぜんざい屋事件
⑽ 三条制札事件
油小路事件 (御陵衛士 刺殺) ☜
⑿ 天満屋事件
⒀ 近藤勇、負傷 ☜

沖田総司、死亡 (戊辰戦争)

【戊辰戦争】

⑴ 鳥羽・伏見の戦い
淀千両松の戦い ☜
⑶ 橋本の戦い
⑷ 甲州勝沼の戦い
⑸ 宇都宮城の戦い
⑹ 白河口の戦い
⑺ 母成峠の戦い
⑻ 箱館・五稜郭
二股口の戦い ☜

この他、小説の通り 武州多摩 (土方歳三、近藤勇、沖田総司の出身地)シーンも出てきます。
BARAGAKI (バラガキ) 、これは 土方歳三 の項目で詳しく。

印象に残ったシーン

芹沢鴨らの粛清事件

オープニングで「芹沢鴨 伊藤英明」と見た時、「えっ、あの 芹沢 鴨?」と驚きました。

芹沢鴨 (せりざわ かも)とは

神道無念流の使い手 (剣豪)、水戸天狗党(攘夷派)の生き残り。

新選組は大きく、近藤派・芹沢派と内部分裂していた。

格式高い水戸藩(徳川御三家)の武士として、町民・農民出身が主な新選組の中で 身分~! を感じさせていた訳ですよ。

そんな芹沢さん、新選組を扱った作品に登場する際に 悪漢・酒乱のイメージで出てくる人物でして。

キラキラッ 伊藤英明 キラキラキラッ の印象とはかけ離れている感じ なのです。

小説の中の「(芹沢鴨は) いちばんの善人かもしれない」(By 沖田総司) のセリフを起用した監督。

作品に対する深い愛が伝わってきました。(「新選組血風録/芹沢鴨の暗殺」より)

芹沢鴨の愛人となった お梅、輪違屋の糸里(いとさと)、吉栄(きちえい) なども登場。

この方々は、暗殺現場となった 壬生の八木邸 に居合わせた女性たちです。

お梅 のエピソードなど、斬られた後は無縁仏にされたとか。

また掘り下げて書いてみたいと思います。今回は割愛っ (残念ですが 涙)

油小路事件

先日、私は京都へ行きまして。「油小路」を歩いてみました。

ココで・・ アレが・・ と、胸ドキドキ。頭バクマツ。コレぞまさしく、油小路のぶらこうじ

映画にも出てくる、東本願寺にて。

次のページへ ☞

コメント

最近のコメント

タイトルとURLをコピーしました