【怪談】浅草の伝承 ①姥ヶ池 ~旅人殺しの末路~ 怪談、一ツ家、石枕、妙音院、花川戸公園、浅茅ヶ原の一ツ家、浅茅ヶ原の鬼婆

旅行と歴史

2つの伝承

1つ目・若者(稚児)が現れ、娘が身代わりとなる。(若者=浅草寺の観音菩薩)

2つ目・若者、浅草寺で一夜を過ごして命拾い

3つ目・老婆の最期、龍に姿を変え 池へ

1つ目・考察

本によって、老婆と娘の関係性も異なります。

娘:殺人の意思 あり or なし

老婆一人で、殺していた?

:多分、2人で殺していたと思います。

老婆ではなく、老夫婦とする説あり

② 老婆、 誤って or 知らずに 説

老婆、石を落としたのはワザと?

⇒ △:どちらも、可能性ありと思います。

2つ目・考察

日は暮れて 野には伏すとも宿借るな 浅草寺のひとつ家のうち

こんな笛の音が聞こえ、旅人は 一ツ家を抜け出し、浅草寺で夜を明かす。

若者の正体

観音信仰 を説くものとして、前説と同じ意味合いを持ちます。

3つ目・考察

④ 龍になった老婆

よくある「水の神様」になった説

罪を犯して龍になる、信じがたい話です。

現地を巡って

私の居る公園一帯、全て「姥ヶ池」跡地。

こんな石を落としてたんでしょうか? ☟

「見~~た~~な~~~~!!」(元ネタ:安達ケ原の鬼婆)

公園内の碑

助六にゆかりの 雲の紫を 弥陀の利剣で 鬼は外なり

この碑「」「」の文字が見えるので、石枕伝説の碑?と見間違えてしまいます。

こちらは 助六歌碑、元は今戸・仰願寺(ぎょうがんじ)に建てられました。

姥ヶ池碑の場所

浅草寺の東・二天門を出て、信号(二天門)を過ぎ、すぐ左の公園内。

花川戸公園・北エリア

あとがき

浅草関連の本はたくさんあり、この地の本もいくつか読みました。

あれ~? いずれも少しづつ、内容が異なります。

自分でも「現場」を想像してみよう!と思い至り、短編を生々しい表現で書いてみました。

生々しい表現

リアリティを持たせるのにひと苦労。想像でしか書けないので、殺人事件の描写を参考にしました。

書いた感想

どうやら姥ヶ池の伝承は飛鳥・奈良時代の話らしい。

古代の東京言葉が分からず、勝手な雰囲気で書いてしまいました。

女性2人で旅人を殺害するところを想像してみたのですが、もっと詳しく「石で殺害するシーン」を書いてみたかったです。

それには、映画を観たり、表現力を磨いたり、もっと自分を高めなければと思い知らされました。色んなことを知らねばなりませんね。

今回のテーマ:経験

鬼婆の伝説

姥ヶ池 を読んで。

「コレ、安達ケ原の鬼女?(福島県二本松市の伝承、別名:黒塚)」

鬼婆が人を殺す伝承 はいくつもあります。黒塚、姥ヶ池、ほうぼうに。

さいごに

時に人は、悪気なく人を傷つけ、怨み辛みが跳ね返り、高い代償を払う事もしばしば。

人を思いやることは素晴らしいことです。

しかし、思いやりを想像すら出来ない人生を歩んでいたら?

大量殺人を繰り返し、悪行に気づく。

老婆は、我が身に降り掛かり、初めて人の気持ちに寄り添えた訳です。

経験こそ、人生

願わくば、誰もが 負でない経験 を重ねられますように。さて、もっと想像力 養います!

お願い

いつも「旅行と歴史」をお読みいただき、ありがとうございます。

執筆に専念し書いておりましたが、そろそろ資金が乏しくなってまいりました。

恐れながら、皆様からのご支援・ご協力を賜りたく存じます。

【救援のお願い】

趣旨:「旅行と歴史」では、ブログ運営・面白さ追求・記事の充実を図るため、皆さまからのご支援を賜りたく存じます。

対象:個人・企業・法人・団体、どなたでも大歓迎!

期間:随時、お受けいたします。

使途:ブログの運営など

Amazon ほしいものリスト
https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/TXHRE828URBK?ref_=wl_share

URL掲載の物資をお贈りいただきましたら、有効に活用させていただきます。

書きたい記事:都内の怪談・伝承、水の話 

この情報配信に対し、皆さまに楽しんでいただけるよう更なる努力をしてゆく所存です。

今後とも、どうぞ よろしくお願い致します。

参考文献

東京都の歴史散歩 (上)下町

江戸の怪異と魔界を探る

日本の妖怪と幽霊 最恐保存版

東京古地図散歩 ―浅草編―

あずみ 1~48

金属バット殺人事件(試し読み)

概要

台東区立花川戸公園(北エリア)

住所:東京都台東区花川戸2丁目4−15

交通機関

電車

・東京メトロ銀座線「浅草」駅下車 徒歩5分
・都営地下鉄 浅草線「浅草」駅下車 徒歩5分
・東武スカイツリーライン「浅草」駅下車 徒歩5分

・つくばエクスプレス「浅草」駅下車 徒歩10分

バス

・「浅草駅前」下車 徒歩10分

関連記事

浅草の伝承

【女一人旅】東京あちこち(東京都台東区)曹源寺、かっぱ寺、河童、河童大明神、合羽橋、合羽川太郎、合羽屋喜八、妖怪
かっぱ寺・曹源寺河童の手(ミイラ)がある、かっぱ寺へ「かっぱ寺」言い伝え合羽 川太郎 (かっぱ かわたろう、又の名を「合羽屋 喜八」) と言う 雨がっぱ商人 が居ました。現在のかっぱ橋道具街 、江戸時代には 水堀 (「新堀川」) 。ここでは

不忍池の怖い話

【東京都台東区】不忍池の怖い話 /怪談:お蝶の幽霊、入水自殺、池之端、上野公園、上野、江戸時代
こわぁ~い、怖い、 夜の 不忍池。妙に感じやすい、わたくし。エッチな意味ではありません。不忍池の怪談、調査してみましたよ~っ ٩( ”ω” )وわたしのことわたくし、みやび ひまり (雅 陽葵) と申します。歴史を巡る旅をしております。悲劇
429 Too Many Requests
【東京都台東区】不忍池の怖い話 /怪談:上野公園ボート池男性殺人事件、未解決殺人事件、池之端、上野、上野恩賜公園
不忍池にまつわる怪談話・事件を書いてみます。不忍池の殺人事件上野公園ボート池男性殺人事件東京都台東区・上野公園 不忍池で、男性の遺体を発見。事件発生:2006 (平成18)年 8月4日 (金)未だ、この事件は 未解決。ボート池周辺殺人事件の

浅草 名所

429 Too Many Requests
429 Too Many Requests
【女一人旅】東京あちこち(東京都台東区) 待乳山聖天、浅草、浅草七福神、池波正太郎、大根、巾着
浅草 七福神今回、「待乳山聖天 (まつちやましょうてん)」へ「毘沙門天 (びしゃもんてん)」を 巡ります毘沙門天とは日本では「財福」「勝利(武門)」「無病息災」として信仰。妖怪アマビエ同様「疫病を祓う神様」なのです。基は、インド(古代ヒンド

コメント

最近のコメント

タイトルとURLをコピーしました