日本文学

旅行と歴史

【滋賀県彦根市】 井伊直弼を訪ねて⑩ / 番外編、彦根、埋木舎

就職活動の傍ら、「第23回歴史浪漫文学賞」に応募してみようと思っています。 歴史小説は、下準備が必須です。 そのため、9月から読んでいた「井伊直弼」を題材にしようと読書の量を増やしました。 私の興味もさることながら、「...
日本文学

小説:「告白」湊かなえ ⑴聖職者 ネタバレ

大切な娘が殺された 最初に「告白」するのは、愛する娘を生徒に殺された担任教師。訳あって入籍しなかった娘の父も余命わずか。かけがえのない大切な娘が、殺人の重さも分からぬ“13歳”に殺されながら、裁けぬ少年法の虚しさ。母女の執念が、中学生の不安...
タイトルとURLをコピーしました