中級:ロシア語で書いた重苦しい作文をロシア人に添削してもらった ⑵

ロシア語学習

今日は、添削された露文の作文をアップしていきます。

ロシア語コンクール関連の記事

【作文コンクール】
⇒【参考】概要
⇒【参考】文章構成

【スピーチ】
⇒【参考】全国ロシア語コンクール
⇒【参考】ロシア語スピーチコンテスト

私の作文

⇒【参考】和文
⇒【参考】露文

先生との出会い

⇒更新中です。今しばらくお待ちください。

添削

моё счастье нашли в России
タイトルは、とても重要です。まず大文字にしましょう。

Моё счастье

нашли(複数過去)
にしてしまうと、あなたでは無い、違う誰かを表すことになってしまいます。
「ロシアで見つけた私の幸せ」 にするなら、このようにしましょう。

a.Найденное в России счастье .
ロシアで見つかった幸せ

b. Счастье, которое я нашла в России.
私は幸せを ロシアで見つけた

―――――――――――

В Россию я ездила два раза.
ロシアへ私は2回行った。

文章自体に間違いはありませんが、このように表現すると、文学的です。

Мне довелось два раза побывать в России.
私には、2回、ロシアを巡る機会があった。

довелось(無人称) あちこち巡る、しばらく滞在する、しばらくその状態にある
「何かを体験した」も含めて

例文:мне довелось есть палочками
お箸でご飯を食べたことがある

―――――――――――

Раньше я была очень несчастная и потеряла желание жить.
以前、私はとても不幸で、生きたいという願望を失っていました。

До этого я жила в Японии,чувствовала себя несчастной и даже
потеряла желание жить.

私は日本に暮らしていて、自分は不幸だと感じていて、こんなにも(強調~でさえ)生きる望みを失っていました。

原文のままでは、何時・何処で、がわからないので、この一文を加えます。

До этого я жила в Японии
それまで、私は日本に暮らしていた

参考:<六何の原則(5W1H)>
「何処で」日本で
「何時」生活している時
「何故に」自分が不幸だと感じていて
「何人が(誰)」私は
「何を」生きる望みを
「如何にして」失っていた

または、あえて書かず、読者に想像させても良いでしょう。

До этого я чувствовала себя несчастной(несчастливой)
私はとても不幸せだと感じていて

несчастная ではなく、 несчастна

счастливый(形容詞)
<単語尾>
счастлив(男性)
счастлива (女性)
счастливо(中性)
Счастливы(複数)

Счастливого пути!(生格) 良い旅を!(直訳:幸せな道を)

Счастливо! 無事に
⇒Счастливо доехать(略語)

счастливо 幸せ
несчастье 不幸せ

原文に近づけるなら、このように書きましょう。

Раньше я была очень несчастна и даже потеряла желание.
以前、私はとても不幸で、生きる希望さえ失っていたんです。

―――――――――――

И под конец моей жизнь я решила испытать на своей шкуре русские морозы, которые отразили армию Наполеона.
そして最後に、ナポレオン軍を撃退したロシアの極寒を体験することにしました。

Но,однажды я решила испытать на себе суровые морозы русской зимы, которые в своё время повернули вспять армию Наполеона.
そしてある日、私はナポレオン軍を後退させた、ロシアの冬の厳しい寒さを、自分自身で体験することに決めました。

ロシアでは、「厳しい寒さ(極寒)」を使う。  суровый мороз

「мороз」 だけで、「極寒」の意味になると覚えていました。

「反撃する/反論する」より、「後退させる」

отразить⇒ повернуть назад (вспять)

☆「на своей шкуре」 は、下品でネガティブ表現なので使わない。
На своём опытеはOK!)

基本構文「испытать на своей шкуре」 身を持って体験する、から引用

これだとニュアンスが異なり、いかにも外国人の書いた露文になってしまうそうです。

―――――――――――

Первый, в феврале 2 года назад я приехала в Россию и ходила по леденистому морю России.
まず、2年前の2月に、私はロシアへ行き、ロシアの凍った海を歩き回りました。

Первый раз я приехала в Россию два года назад и поскольку дело было в феврале и, то я прогулялась по замёрзшему морю.
1回目、2年前に私はロシアに着いて、凍結した海を歩き回ったのは2月のことです。

дело было ~である以上

Первый 一番目
Первый раз 一回

―――――――――――

В России зимой температура нередко опускается ниже минус 30℃.
ロシアでは、冬の気温がマイナス30度を下回るのは珍しくありません。

Россия намного холоднее Токио, этот опыт оставил у меня сильное впечатление.
ロシアでは

Ещё я хотела испытать белое ночи, которые могут «пишу, читаю без лампады…» и решила жить до лета.

f:id:mari24jp:20201004140016j:plain
プーシキン

まとめ

☆:先生のコメント

★:私の感想

黒太字:原文とポイント

青太字:先生の文章

あとがき

人に読んでもらえるテーマ、読んで面白い記事を書くことは、とても大変な作業です。

毎日、どんなテーマが好まれるか、どんな言葉が興味を持たれるか、書きながら削って、書いた後にもまた取捨選択です。こちらに伝えたい思いがあっても、読みたい情報が整理されていないと、相手をとても疲れさせてしまいます。

まだ書き始めたばかりなので、まずは自分が面白いと思う記事を、相手に楽しんでもらえるように書いていきます。

アントン先生の授業をまとめてみましたが、いかがでしたか。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました