ブログを書いてみよう♫ ⑵ ←タイトル弱い

ブログを書いてみよう♬

ブログにくすぶっている方へ向けて、私の「文章の書き方」を紹介します。

◎まずはこの記事

1、仕事始め 2、ブログ開設 3、文章作成
前回と同じ発言ですが、このテーマは 中堅ブロガーの登竜門ですから私も参戦します。
テーマ:続・私の「文章の書き方」を紹介します
どうしてブログを書こうと決めたのですか?

人それぞれの 動機

・収入を得たい(本業・副業)

・ITスキルを上げたい

・伝える力を養いたい

・気持ちを整理したい

・自分の好きを伝えたい

・人に認められたい

・有名になりたい

私は、作家 になりたい です。”この人の書くものが読みたい” と思われる人になりたいのです。適当な文章を書いて恥ずかしいものを残すのは嫌だから いつも必死です。作家になるためには、どうすれば良いか?知名度を上げれば 仕事をもらいやすくなる と考えました。だから今はまず 人の目に留まるように、”岸辺露伴” が最終目標ですかね。面白い文を書くためなら、私も蜘蛛舐めたり、山買ったり、しちゃいそう…笑

具体的な目標を考えてみる

私の生活水準を維持するのに、400万円 あれば 十分 です。日本のサラリーマンの平均年収と同じ。私の趣味にお金を使って、ブログに専念しながら、娘を養っていくことができます。
私の好きな作家が、作品を書くのに 2年かかった と知りました。2年後ならまだ 正規職員として採用されるかもしれない。400万円× 2年 = 800万円
そして今、一緒にブログを作ってくれるパートナーに利益を還元したい。軌道に乗ってきたので『どのくらい 欲しいか?』と聞くと「副業禁止の会社員だから、生のメッシが見たいかな」と言いました。サッカーの試合見て、スペイン 80万円 あれば 一通り周れます。ツアー代金 1名 30万円× 2 +雑費 20万円 = 80万円。慰安旅行ですから 贅沢させてあげたいです。こき使ってますから。
最後に、私はこの活動を始める際 資本金 100万円の株式会社を作ったんです。また書いていきますが 大赤字 なので、マイナスを無くすためのお金として、120万円 を使います。
目標は、1000万円
当期純利益(もろもろの経費を差し引いた収入)ですから、笑うしかないですね。
設定期限までに 目標金額へ到達したら、どうか 私の精一杯で 小説 を書かせてください

打ち明け話

私は、身体が動くようになった3月半ばから、就職活動もしてるんです。もうそれほど生活苦だったりします。だいたい 年収400万円 くらいの正規職員で 2社の結果待ち。”①翻訳関係の会社” と ”②医療関係の会社” です。どちらかで内定がいただければ、雇ってもらうのですから 会社に貢献できるよう相応の勉強を再開します。①なら またロシア語を集中的に学びますし、② なら簿記1級の講座に通い始める予定です。どちらに決まっても 書くことを止める しかありません。不採用の連絡がくれば、またハローワーク通うしかないですね。
これが時給制・非正規雇用なら、自分なりの上限決めて それなりの仕事しかしません。嫌われて良いから人生を謳歌しますよ、私。だって人生の大切な時間を使っても、会社からほとんど守ってもらえないんですから。でもね、正規職員なら全く意識は変わります。会社に支えてもらうのに、いい加減に働くなんてのは 嫌です、自分も会社を支えたい。身体が弱いので 雇用してもらったら 自分のやれる限りは頑張ります。当たり前。悪口言って品位を落としてるインフルエンサーなんてね、ほとんどがサラリーマンの時間や夢で成り立ってるだけの存在じゃないですか。ああはなりたくない!人気商売は、一生懸命働く人の癒し です。夜の仕事と 何ら変わりありません。
目的を忘れないこと
自分の軸がブレなければ、書いてて楽しくないですか?

タイトル と 見出し

私と見出し

20代の頃です。昼は会社員、夜は新宿や赤坂で働いていたんです。子どもはまだ元夫と暮らしていて(調停で娘を奪還)、1人だったから がむしゃらに働いていました。

昼でも夜でも、働く以上は社会常識を持つ のは当然。特に夜は 高給取り達と会話しますから、難しい話も知っておかなければなりません。こんな私に 見る時間・読む時間 などなく、毎日届く新聞は溜まっていく一方です。だから ”見出し” を目にチラッと 入れてましたよね。話題になった記事は内容を読んで、他は見出しのみ。『新聞はプロの仕事 なんだから、ひと言の見出しで分かるように書いとけ!』と思ってました。

一瞬で理解させる見出し

それが出来ない新聞など、廃れて当然。私の 見出し に対する考えはこんなところ。

あなたのブログ、どんなもの?

多くのインフルエンサーが 「結論から書け」と呼びかけますが、私の目標は ブロガーではなく、作家です。情報を提供するものではなく、読ませるもの を書きたい私のブログは 読みもの ですから、結論を述べてしまえば ネタバレ じゃないですか。明日も 続きが読みたくなるブログ を書いてます、ネタバレ なんて もっての外!

しかし 情報提供なら、先に 結論書いてもらった方が良いですけどね。ビジネスの文章作成方法、PREP法を語る人が多く居まして、結論 ⇨ 理由 ⇨ 具体例 ⇨ 結論。でもね、私はスピーチや説明なら 繰り返して欲しいですけど、読みものは読み返せるから 同じ表現だとウンザリします

中堅ブロガーの皆さん、お願いですから まず その人が書くブログの内容 を確認してください。「”情報提供をする”ブログを書く方法」って前提に入れてから、熱く語って欲しいものです。読みもの なら… もう解りますね。

読ませるために ネタバレしない

情報過多、はじめは見た目

男はどうせ美人がいいんでしょっ!」と 娘達。なのに「イケメンだったら許せるぅ」と話しています。女だって顔が良いんじゃない と笑っちゃいますよね。多くのブロガーが口を揃えて語る タイトル と言うのは ”見た目重視” を全面的に押し出した話
容姿がイマイチだと相手にされない (内容が読まれない) って悲しい話ですよね。昨今では ”見た目” より ”自分らしさ” を大切にする人がもてはやされていますが、IT 世界は 情報量がとにかく多い。よって 見た目の美しさから入る 世知辛しさ。何だかんだ言って、第一印象で 話を聞いてもらえるか or もらえないか が決まり、ブログの世界では 読まれる or 読まれない はここから発展していくのです。ペッ(唾)
自分のことしか考えられない人(見た目とアクセス重視)のためでなく、一生懸命頑張りたいブロガー(中身と面白さ重視)を応援したい思いを込めて、この 記事のタイトルは 自分らしく シンプル にしました (笑)。私がその内、そんなブログの当たり前 なんて変えてみせます。限られた時間は後わずかですけど。
読み手の選別を意識する

写真を使って

妄想を掻き立てる

夜の職場で働いていて 自分の売り出し方に悩んだ時、男性スタッフが私に「君は あっちゃん(前田敦子) になれば良い」と言いました。当時は AKB48 全盛期、あっちゃんと言えばセンターポジションの女の子。「彼女はね、儚げなんだよ。君は 男が守りたくなるような女性になれば良い」そして私は自らを ”妄想を掻き立てる女” に仕上げました。日本一 稼ぐ作家は 東野圭吾 と言われています。代表作 ”白夜行” と ”幻夜” 、そういう書き方ですよね。匂わせ で書き上げて 読者が ラスト を 好きに作り上げる んです。かくゆう私も 20代の頃は 東野圭吾 に夢中でした。

想像しやすい環境作り

まずは 注目 を集める

どこか行ったってブログに、ただ写真 載せて、物の名前(名詞)だけ書いてあるようなもの。へぇぇ、こんなのあるんだ。それだけのことに感動なんてありますか? そんなの私は 読みたくない から 書かない。だから1つ1つに思いを込めて 文章を丁寧に書きますよね。そんな想いとは裏腹に、若い子にブログの感想を聞いてみます。すると「文章は読まない~写真だけ」ガッカリです。娘達なんてもっと酷くて、そもそもクリックすらしてくれない。「ブログなんて読む人居ないよ~」で終了。

10あったら8つまんなくて、右に倣えで同じことしか書かない。ブログをそういうものにしちゃった人達、責任取ってくださいよ。現段階では、ブログが そういう世界だから 仕方がない ですよね。先導、つまり 取っ掛かりを作んなきゃ。私が考えたのは、”写真映え” です。右に倣えで同じことしか載せない でも、読ませる効果的な方法だと考えまして。見てもらうために、タイトル・見出し ではなく 写真とファッション にこだわるようにしました。どうせ 最後まで読まれない、他の方はそんなことばかり書きますが、作家に そんなこと言う人 は居ないです。

キッカケ作って引き込みます。

まとめ

期限を設けて活動することを決めたので、自分の精一杯で更新していきますね。

(いつもの定型文となりましたが)

大切なことは、書き手であるあなたが、いかに読み手と向き合うか。あなたの人柄が現れてきます。文章が上手でなくても、誠実さが伝われば読者はつきます。あなたはいつも、あなたの精一杯で書けば良いのです。

と、私は自分にいつも語り掛けています。

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました