90日で受かる!?宅建勉強法 【宅建業法】業務の話

宅建 取引 業 とは

宅地建物取引業宅地建物 の 取引 を 業 として行う
この一言に、細かい規定がある。見てみよう ☟

宅地・建物

建物

マンション
アパート

共有持分の権利、リゾートクラブ会員権 含む

宅地

用途地域外

⑴ 建物が建っている土地
⑵ 建物を建てる予定のある土地 (☜ まだ建ってない)

※「用途地域」は、法令上の制限 で 詳しく

用途地域内 

宅地該当しないもの:「広場」「水路」「道路」「公園」「河川

くん、は、?』と覚える ⇒ど=道路、こ=公園、か=河川

基本的に、全部の土地:宅地

農地=宅地

取引

青:だれが 緑:なにする
宅建の解き方:だれが、なにする

自ら当事者

※ 転貸 は、貸借 なので ココ

代理

本人に代わって行う
※「代理」は 権利関係 で詳しく

媒介

紹介・仲介、契約権限をもたない

不特定多数に (特定:従業員)

反復 または 継続して

営利性を問わない (利益にこだわらない)ので、コレも「

公益法人 (学校法人、宗教法人、社会福祉法人など)
国とか
友人知人

ポイント

用途地域 外 の 山林 を

⇒ 宅地 ではない

・用途地域・外 であること
・山林 = 建物なし、建つ予定もなし

コメント

最近のコメント

タイトルとURLをコピーしました